慢性疲労症候群で年間約110万円を受給出来た事例

傷病名 慢性疲労症候群
年金の種類 障害厚生年金
等級 2級
請求方法 事後重症請求
年額 約110万円

お電話にてご相談頂きました。

この方は3年程前から、頻繁な発熱や倦怠感の症状が出始めました。受診し検査を行っても原因が特定できずはっきりとした病名も告げられていませんでした。対症療法にて内服を処方されていましたが効果はなく発熱や激しい倦怠感から仕事にも支障をきたすようになりました。その後、インターネットにて自分の症状を調べ慢性疲労症候群を疑うようになり専門医を受診されました。検査や問診により慢性疲労症候群と診断されました。現在も激しい倦怠感や熱発により同居者のサポートを受けなければ日常生活を送る事が困難で仕事も休職中との事でした。

ご本人様の状態からも障害等級に該当する可能性がある事でお伝えしました。当事務所にて申請サポートさせて頂く事となりましたが、相談会への来所面談が困難な状況でしたので、面談なしのプランにて手続きを進めさせて頂く事となりました。

慢性疲労症候群の申請は初診を特定する事が難しい場合が多く、今回のケースにつきましても初診日の特定する為にご本人より症状が出始めた時期や通院歴について詳細にリアリングを行いました。ヒアリングの結果、初診であろうと思われる医療機関より受診状況等証明書(初診証明)を取得しましたが、同様の症状で別の医療機関で受診している旨の記載がありました。その為そちらの医療機関より改めて受診状況等証明書を取得し記載内容からも、こちらの受診が初診日であると判断しました。

現在の主治医へ日常生活の状況等について書面にて情報提供し、ご本人の状態を的確に示した診断書を作成して頂きました。病歴就労状況等申立書に生活の状況や症状、就労していた際の状態等、詳細に記載し、申請致しました。

申請から約4か月後、障害厚生年金2級の通知が届いたとご連絡頂きました。休職中であり、まったく職場復帰のめどが立たない状態でしたので、障害年金が受給できる事となり将来に対する不安が少し軽くなったと話されました。

今回のケースは、ご本人の状態から相談会へ来所頂く事が困難でしたが、お電話やLINEでのやりとりでスムーズに申請が行えました。

当事務所では面談なしでの障害年金申請も承っておりますので、相談会へ行けない方や面談に抵抗を感じられる方は是非、お問合せ下さい。

血管外皮腫で年間約78万円を受給出来た事例

傷病名 血管外皮腫
年金の種類 障害基礎年金
等級 2級
請求方法 事後重症請求
年額 約78万円

お電話にてご相談頂き、後日、ご家族に出張相談会へ来所して頂きました。

この方は15年前に血管外皮腫と診断され、摘出術や放射線治療をされていました。その後、腫瘍が脳に転移し、摘出手術を受けられましたが、再発を繰り返し後遺症として右半身が麻痺した状態が続いていました。日常生活動作をヒアリングしたところ、移動や入浴、更衣などは介助がなければ困難な状況との事でしたので障害等級に該当する可能性が高いと判断しました。

一度、年金事務所へ相談へ行かれたとの事でしたが、初診が15年以上前であり初診の医療機関がカルテを破棄していた事から申請は困難と説明を受けていらっしゃいました。

初診時の詳しい状況をヒアリングした結果、初診の医療機関を数回受診した後、現在のかかりつけ医療機関へ転院しており15年程度通院しているとの事でした。

障害年金では原則初診の医療機関より受診状況等証明書(初診の証明)を取得する必要がありますが、初診の証明が出来ない場合の取り扱いで、5年以上前に医療機関が作成した資料に初診日の記載がある場合、その資料の記載により初診日を認める事が出来るとの例外があります。今回の場合、現在のかかりつけ医療機関の初診時のカルテに前医の初診日が記載されていれば、初診日として認められる可能性があると判断しました。

現在の掛かりつけ医療機関へ確認したところ初診時のカルテに前医の初診日が記載されている事が分かり、記載された日付を初診日として申請する方針とし、医療機関の協力のもと、的確な診断書を作成して頂きました。

申請から約3か月後、障害基礎年金2級が決定した旨のご連絡を頂きました。

今回のポイントとしては、「現在のかかりつけ医療機関に初診日に関する記載が残されていた事」そして「ご本人、ご家族が申請を諦めなかった事」だと思います。

今回のように、初診の医療機関がカルテを破棄している場合は、申請のハードルが高く、専門的な知識が要求されます。申請をご検討の際は是非、一度専門家へご相談される事をお勧め致します。

 

HAMで年間約98万円を受給出来た事例

傷病名 HAM(HTLV-1関連脊髄症)
年金の種類 障害基礎年金
等級 1級
請求方法 事後重症請求
年額 約98万円

お電話にてお問合せ頂き、後日無料相談会へお越し頂きました。

この方は数年前より歩きにくさを自覚されるようになり専門の病院でHAMと診断されました。数年前までは杖で歩行する事も可能な状態でしたが徐々に進行し、現在は車いすがなければ室内の移動は困難な状況との事でした。以前障害年金の申請をご自分でされようと年金事務所と何度かやり取りをされたとの事でしたが、その当時はまだ症状も軽度だった事もあり途中で申請を断念したとの事でした。その後も障害年金の申請を考えられましたが、手続きが煩雑である事や、年金事務所とのやり取りの大変さを考えると、申請に踏みだせずにおられました。現在の状態からも障害等級に該当する可能性が高い為、申請をお勧め致しました。ご本人のお身体の状況から、ご自分で申請するには負担が大きい事から当事務所でサポートさせて頂く事となりました。

初診は10年以上前でしたが、カルテも残存しており初診の証明を取得する事が出来ました。現在の主治医は10年以上、ご本人の診察にあたっていた事から、ご本人の状態が良く反映された診断書を作成して頂けました。

障害認定日時点では障害等級には該当しないと判断し、事後重症請求を行いました。

請求から約2か月後、障害基礎年金1級の通知が届きました。一度は申請を諦めていらしゃいましたが無事年金を受給できる事となり、喜ばれていました。進行性の傷病である事から将来に対する不安は経済的な事だけではないと思われますが障害年金を受給する事で不安要素の1つが少しでも軽くなったのではないかと感じます。

当事務所では難病の患者様の団体と御縁があり、難病での申請を積極的に行っております。難病での申請は他の傷病と比べて、やや申請ハードルが高い傾向にあります。

申請をお考えの際は、専門家へ一度相談される事をお勧め致します。

脳脊髄液減少症で年間約140万円を受給出来た事例

傷病名 脳脊髄液減少症
年金の種類 障害厚生年金
等級 2級
請求方法 事後重症請求
年額 約140万円

お電話にてお問合せ頂き、相談会へ来所して頂きました。

この方は7年程前に激しい頭痛や眩暈、吐き気などの症状があり受診し、検査の結果、脳脊髄液減少症と診断されました。ブラッドパッチ術を数回行いましたが、症状は改善がなく仕事も3年前より出来なくなっており大変お困りの状況でした。脳脊髄液減少症は日中どのくらい起床している事が出来るかが、認定のポイントとなります。ご本人より日常生活の状況をお聞きしたところ1日のうちに2時間程度しか身体を起こしている事ができず、常に頭痛があるとの事でした。症状がひどい時は殆ど寝たきりに近い状況との事でしたので現在のご本人の状態からも障害等級に該当する可能性がある事でお伝えし、申請のサポートをさせて頂く事となりました。

初診の医療機関と現在の医療機関が同じだった為、初診の証明は必要ありませんでした。障害認定日請求も検討致しましたが、障害認定日時点での受診がなく診断書取得が困難だった事から、事後重症請求に注力しました。診断書作成を主治医へ依頼する際に日常生活の状況や起床可能な時間等を書面にて情報提供致し、ご本人の状態を的確に表した診断書を取得する事が出来ました。

申請から約3か月後に障害厚生年金2級が決定し、年間約140万円受給することが出来ました。障害認定日時点まで遡って申請出来れば約5年分遡って年金が受給できる可能性がありましたが、残念な事にその当時受診していなかった為、遡りでの受給はできませんでした。しかしながら将来に向かっては年金が受給できる事となった為、少しでも経済的不安が解消できたのではないかと感じます。

障害年金制度は複雑であり、専門知識がなければ年金が不支給となったり、低い等級で認定されてしまう事もありますので、申請を検討の際は是非一度、専門家へご相談される事をお勧め致します。

なお、当事務所では難病での障害年金申請を積極的に行っております。他の事務所から断られてしまった、又は年金受給が困難と判断された方などのセカンドオピニオンにも対応させて頂いておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

高次脳機能障害で年間約230万円を受給出来た事例

傷病名 高次脳機能障害
年金の種類 障害厚生年金
等級 1級
請求方法 障害認定日請求
年額 約230万円

お電話にてお問合せ頂きました。

この方は約1年半前に急な頭痛と意識消失を伴う発作が起こり救急搬送。搬送先の病院にて脳腫瘍と診断され、後日腫瘍の摘出術を受けられました。腫瘍部分は摘出できましたが後遺症として重い高次脳機能障害が残りました。長年勤めていた会社も復帰が困難な為、退職となりました。退職後は傷病手当を受給しながら生活されていましたが、傷病手当は1年半しか受給する事ができず、もうすぐ受給開始から1年半が経過する為、障害年金の申請をしたいと、ご家族より相談がありました。

現在の日常生活をヒアリングした所、高次脳機能障害により日常生活が著しく制限を受けている状況である事が分かり、障害等級に該当する可能性が非常に高いと判断し、障害年金の申請をお勧め致しました。

ご家族は障害者手帳を取得する際に手続きで大変ご苦労されたとの事でしたので、当事務所にてサポートさせて頂く事となりました。また、ご自宅が遠方だった事と、ご家族もお仕事や介護で時間的な余裕がなかった事から、面談なしでのサポートとさせて頂きました。

初診日は約1年半前だった事から初診の証明はスムーズに取得する事が出来ました。高次脳機能障害の診断書は精神障害の診断書を使用する事から、脳神経外科の医師は専門外を理由に診断書作成に難色を示す事が多いのですが、診断書作成依頼時に詳細な参考資料を医師に渡す事で、スムーズに診断書を作成して頂く事が出来ました。

出来上がった診断書を確認したところ、ご本人の状態が的確に反映された診断書を作成して頂けました。

請求から約2か月後、障害厚生年金1級の通知が届きました。奥様はお仕事をしながらご主人と、ご主人のお母様の介護をされており大変ご苦労されている状況ですが、障害年金の受給が決定した事で、経済的不安が軽減できたのではないかと感じます。

障害年金の申請は、専門的知識が必要となる場合が多く手続きも煩雑です。申請をお考えの際は、専門家へ一度相談される事をお勧め致します。

脊髄小脳変性症で年間約240万円を受給出来た事例

傷病名 脊髄小脳変性症
年金の種類 障害厚生年金
等級 1級
請求方法 事後重症請求
年額 約240万円

お電話にてお問合せ頂き、外出が困難との事でしたので、ご自宅へ訪問させて頂き、ご本人、奥様と面談させて頂きました。

この方は約3年前にフラツキを自覚し始めました。次第に転倒する事が増えた為、病院受診。検査の結果、脊髄小脳変性症と診断されたとの事でした。その後、顕著は進行はなく何とか自分で歩行や身のまわりの事が出来ていましたがH30年12月頃より急激に状態が悪化し、フラツキから室内の移動も困難な状況になったとの事でした。また言葉の出にくいなど言語の障害もある様子で現在、言語聴覚士によるリハビリをご自宅へ受けているとの事でした。日常生活の状況をヒアリングさせて頂いたところ、身のまわりの事はサポートがなければ非常に困難な状況である事がわかりました。

障害等級に該当する可能性が非常に高い事でお伝えし申請をサポートさせて頂く事となりました。

肢体の障害と言語の障害がありましたので、主治医に肢体障害用の診断書と言語障害用の診断書の作成依頼を行いましたが、主治医より言語の診断書は作成できないと断られてしまいました。言語の診断書を提出しなければ2級となる可能性がありましたが、保険会社に提出した診断書、身体障害者手帳申請時の診断書の内容から1級相当の診断書が作成頂けると判断し、肢体の診断書のみ作成して頂く事となりました。

出来上がった診断書を確認すると肢体の障害のみで1級相当となる内容でしたので、肢体障害用の診断書のみ提出致しました。

申請後約1か月半後に障害厚生年金1級の通知が届き、年額約240万円を受給することが出来ました。言語障害の診断書を取得出来なった為、2級になるのではないかとご不安に思われていましたが、無事1級の認定が下り、安心されたご様子でした。

 

スマホの方はタップするとかかります

080-8907-8599

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

受付時間:9:00〜20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

※定休日の電話は9:00~20:00の間で対応いたします。電話に出られない場合でも後ほど必ず折り返し連絡させて頂きます。

※土曜・日曜・祝日でも相談対応致しますのでお気軽にご連絡下さい。

※メールでのお問い合わせは24時間受け付けます。

お電話でのお問合せはこちら

080-8907-8599

Menu

インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-8907-8599

営業日の電話は9:00~20:00の間で対応いたします。電話に出られない場合でも後ほど必ず折り返し連絡させて頂きます。
土曜・日曜・祝日でも相談対応致しますのでお気軽にご連絡下さい。
※メールでのお問い合わせは24時間受け付けます。

受付時間/定休日
受付時間

9:00〜18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒892-0875
鹿児島県鹿児島市川上町297-7
鹿児島中央駅より車で20分