脊髄小脳変性症で年間約240万円を受給出来た事例

傷病名 脊髄小脳変性症
年金の種類 障害厚生年金
等級 1級
請求方法 事後重症請求
年額 約240万円

お電話にてお問合せ頂き、外出が困難との事でしたので、ご自宅へ訪問させて頂き、ご本人、奥様と面談させて頂きました。

この方は約3年前にフラツキを自覚し始めました。次第に転倒する事が増えた為、病院受診。検査の結果、脊髄小脳変性症と診断されたとの事でした。その後、顕著は進行はなく何とか自分で歩行や身のまわりの事が出来ていましたがH30年12月頃より急激に状態が悪化し、フラツキから室内の移動も困難な状況になったとの事でした。また言葉の出にくいなど言語の障害もある様子で現在、言語聴覚士によるリハビリをご自宅へ受けているとの事でした。日常生活の状況をヒアリングさせて頂いたところ、身のまわりの事はサポートがなければ非常に困難な状況である事がわかりました。

障害等級に該当する可能性が非常に高い事でお伝えし申請をサポートさせて頂く事となりました。

肢体の障害と言語の障害がありましたので、主治医に肢体障害用の診断書と言語障害用の診断書の作成依頼を行いましたが、主治医より言語の診断書は作成できないと断られてしまいました。言語の診断書を提出しなければ2級となる可能性がありましたが、保険会社に提出した診断書、身体障害者手帳申請時の診断書の内容から1級相当の診断書が作成頂けると判断し、肢体の診断書のみ作成して頂く事となりました。

出来上がった診断書を確認すると肢体の障害のみで1級相当となる内容でしたので、肢体障害用の診断書のみ提出致しました。

申請後約1か月半後に障害厚生年金1級の通知が届き、年額約240万円を受給することが出来ました。言語障害の診断書を取得出来なった為、2級になるのではないかとご不安に思われていましたが、無事1級の認定が下り、安心されたご様子でした。

 

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

受付時間:9:00〜20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

※定休日の電話は9:00~20:00の間で対応いたします。電話に出られない場合でも後ほど必ず折り返し連絡させて頂きます。

※土曜・日曜・祝日でも相談対応致しますのでお気軽にご連絡下さい。

※メールでのお問い合わせは24時間受け付けます。

お電話でのお問合せはこちら

080-8907-8599

インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-8907-8599

営業日の電話は9:00~20:00の間で対応いたします。電話に出られない場合でも後ほど必ず折り返し連絡させて頂きます。
土曜・日曜・祝日でも相談対応致しますのでお気軽にご連絡下さい。
※メールでのお問い合わせは24時間受け付けます。

受付時間/定休日
受付時間

9:00〜18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒892-0875
鹿児島県鹿児島市川上町297-7
鹿児島中央駅より車で20分